FC2ブログ

とりとめもなく

流れていく時の一瞬、ちょっと立ち止まってみたくなって・・・

Entries

ひょんなことで、赤城自然園!

「ツアーに行かれなくなった方がいて SOS‼」 との友の電話に、
二つ返事で「行きま~す」と答えた私ですが・・・
出かける 1週間前になって、突然聴力が落ち、すべての音がくぐもって焦りました。
耳鼻科に駆け込み、突発性難聴の薬を処方してもらいました。
めまいの症状もあり、予定をキャンセルして安静にしていましたら、
あらら不思議、じきに聴力が戻りました。
で、元気に 赤城自然園へ行くことが出来ました。
いつ行っても、グリーンシャワーを浴びて心和む良いところ、まさに「癒しの森」ですね。
関越道を走るバスの車窓から、高木のアカシア(ニセアカシア)の白い花が幾重にも咲き誇っているのが見えました。
これも私には、とても嬉しい!

akagi.jpg

こんな花々にも出会いました。クリンソウも咲き始めていましたし、まもなくオオヤマレンゲも咲きますね。
同行してくださった、ナビゲーターさんのお話も興味深く、お弁当も美味しかったのです。

akagi1


聴力が戻ったことにも、お声を掛けてくださった友にも感謝です。

白い花

毎年同じような花追いをしているようですが・・・・・・
ふと見過ごしてしまったり、新しい発見があったり・・・・・・
同じ花であっても、違った想いがあるものです。

花記録のためにブログを記しています。

Star-of-Bethlehem.jpg


「ベツレヘムの星」は、新宿御苑のラクウショウの下にも咲いていますが、御苑では「大アマナ」と呼ばれています。
私は、最初に教わった名前が 「スター・オブ・ベツレヘム」だったので、いつも 「ベツレヘムの星」と呼んでいます。

たまたま今 読んでいる本のなかに、 北原白秋の「からたちの花」が出てきたもので、
傍にある 「からたちの花」 にカメラを向けました。
本当にトゲは痛そうです。

gll_g_201904262014397e3.gif


koishikawa.jpg

ハンカチノキを初めて見たのは、ここ小石川植物園でした。
その時買った絵はがきを大事にとっていましたが、今どこに行ったかしら?
「ツクシカイドウ」は和名では(筑紫海棠)とありますが、清楚で素敵な花ですね。

ニュートンのリンゴ

ツツジの季節になりましたが、新緑に白い花もいいものです。
他にもありますが、また次の機会に・・・

雨のお花見



予め予定していたこの日・・・・・・
この日に限って、寒さが戻り雨模様でした。
まぁ~こんなこともありますね。
でも、雨のお花見もまた良いものです。(^_-)-☆
今回、思ったこと・・・「赤い傘は素敵!」
新宿御苑の写真展に、降りしきる雪景色のなかに赤い傘をさしている二人の後ろ姿が印象的な一枚がありました。
それを思い出させる芝離宮の赤い傘でした。

shibarikyu.jpg

神田川を歩く



神田川といえば…板橋や江戸川橋付近の桜並木を歩いたことがありましたが・・・
こんなところにも神田川?と思いました。
神田川の水源は井の頭池だったのですね~、ここは上流になるのかな?
友の案内で、満開の桜にどっぷり浸ってきました。

kandagawa.jpg

この後、山野草を育てている友人宅でお庭の花々を見せていただきました。
満開の桜を見た後の山野草は、いつにも増して愛らしく心温まる花々でした。
桜は華がありますが、どこか心が騒ぎます。山野草の花はほっこり笑顔になりますね~。

山野草の写真はありません。(笑)
お茶とおしゃべりに夢中で、心のカメラにしっかり写しましたよ。(^_-)-☆
友に感謝!

桜散歩

3月31日 早起きさんと一緒に千鳥ヶ淵へ
満開と報じられていましたが・・・もう一歩というところでしょうか。
花曇りのもと、朝の柔らかい光に、花弁の色は淡くやさしい表情でした。


千鳥ヶ淵1

半蔵門駅近くで朝コーヒー、早起きさんとは、ここでお別れ (^_-)-☆
私は、東御苑へ向かいます。
途中の近代美術館工芸館には、外人さんが列を作っていました。
備前焼の催しの様でした。

東御苑

大手門から出て、地下鉄に乗ろうとして、ふと 都営三田線の表示が目に留まりました。
まだお昼になっていない時刻、シルバーパスで白金台に寄ってみようと。
そう、目黒自然教育園です。

meguro2_20190412223106f4e.jpg

meguro3.jpg


ニリンソウが咲いています。
若葉は食用となるそうですが、ヤマトリカブト(有毒)ととても似ているので、注意が必要とのこと
・・・・・・箱根湿性花園のガイドさんより

帰宅したのはまだ3時前、素晴らしい花散歩でした。
自分でもびっくりの24000歩余り、早起きのお陰と花パワーですね~~~

東郷寺


3月27日 晴天。
友に教わった東郷寺のしだれ桜は満開でした。
東郷平八郎の別邸だったことと、映画「羅生門」の門のモデルになったとの話に興味を持ったのか?
連れ合いが同行したのでありました。

tougouji_20190412233118a91.jpg

早春の箱根



3月18日 快晴
お彼岸のお墓参りに御殿場まで。
東名高速から見える富士山は、雲一つない青空に今までで一番きれいな姿を見せてくれました。

昨年から頂いていた「ホテル宿泊券」の有効期限が迫ってきて、やっと利用できることに安堵して・・・
一山超えて箱根の温泉まで出かけました。
途中の仙石原で、「箱根湿生花園」に寄ってもらいました。
早春の花々が咲き、水芭蕉も終わりかけながらまだキレイに咲いていました。

箱根湿性花園

お宿のレストランから見える木は、山桜だそうですが、
咲いている時を想像して・・・

hakone2.jpg
箱根神社には何度かお参りしたことがありますが、下から階段を上った記憶がありません。
今回は数えながら上りましたが、私の覚束ないカウントでは89段、正式には何段なのでしょう?

箱根は美術館がたくさんありますが、成川美術館から見える芦ノ湖もいいですね。
今年2月に100歳で亡くなられた 堀文子さんの「ブルーポピー」がこちらで見られました。
また、以前 クレマチスの丘へ行った折
 「木村圭吾さくら美術館」で大作の桜の絵画を観たのが印象的でした。
2度目に行ったときには閉館していて残念に思っていましたが
ここで2枚の作品に出合うことができて嬉しかったです。


成川美術館1

久しぶりに温泉に浸かり、身も心も ホッカホカ になりました。
次は桜ですね~~~


ミモザと小原古邨展

古くからの友人と Line で写真を送り合いながら おしゃべりをしていました。
ミモザが咲いているね~との話から、絵の話題になり、
じゃあ代々木公園でミモザを見て、太田記念美術館の小原古邨展を見に行きましょうと。

mimoza.jpg

平日なのに、どこも混みあっていて、混雑を避けて明治神宮内のお休み処でケーキセットで四方山話。

覚書のために・・・・・・
あれは、2010年のことでした。
確かに、ミモザはかなりの本数咲いていました。
あれから、9年経って 1本だけになってしまったのですね~。

http://aikenchris.blog108.fc2.com/blog-entry-276.html

弥生3月の初散歩

yukiwariichige305.jpg

変わりやすいお天気が続いていますが、
3月5日は朝から好天でした。
ちょうど家の前の植え込み工事が、前日の雨の影響で中止になったので、
目黒自然教育園へ花散歩に出かけました。
ユキワリイチゲは 去年よりも咲いているように思います。

ここから歩いて10分ほどに八芳園があります。
春は一面の桜が美しいと聞いていましたので、桜の咲き具合を覗いてみようと寄ってみました。
今は、お茶室前の梅と数本の河津さくらがキレイに咲いて、
お庭入口の河津さくらには、メジロが飛び交っていました。
お庭では、ちょうど婚礼の記念写真で華やいで、カフェのテラスから 幸せのお裾分けを(笑)

happouen.jpg


このあと、明治学院大学前を巡り、白銀高輪駅のあたりで左折、都ホテルを左に見ながら、目黒まで戻りました。

歴史ある素敵な建物ですね。

meijigakuin.jpg


このコースを歩いてみたかったのです。
13000歩のリフレッシュ散歩でした。

美術展と川越 



kawagoe-museum.jpg

録画していた「日曜美術館」を観なおして・・・川越市立美術館へ行ってきました。

寒かったでしょうが、寒くはなかった子どもの頃
雪の冷たさに温かさも感じていたり・・・
凍らせたくないものを、雪の中に保存していたんですよ。
牛乳瓶を雪に少しだけ?さしこんで、シャーベットにして食べていたり・・・
雪景色の美しさと、恐いほどの力強さを、画を観ながら 想い出していました。

素敵な絵がたくさんありました。
前期の絵を観られなくて残念です。

川越は、渋谷から 埼京線と東武東上線と繋がった副都心線によって、とても便利になりました。
久しぶりの川越を観光してきました。

kawagoe.jpg

ボンネット型の小江戸巡回バスが走っているのですね。
また、ゆっくりと行きたいものです。

Menu

カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事

プロフィール

 Chris

Author: Chris

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

ブログ内検索

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: