とりとめもなく

流れていく時の一瞬、ちょっと立ち止まってみたくなって・・・

Entries

「新年あれこれ」 & パレスサイクリング



2018年が始まって、もう1か月が経とうとしています。

3日に恒例となっていた賑やかな新年会を終えて数日後、
「お正月は終わったのね。ここらでもういいでしょう。」といわんばかりに、里の母が静かに息を引きとりました。
98歳でした。
先生が、もうすこしで白寿だったのね~よく頑張ったね・・・とねぎらってくれました。
桜が大好きだった母の棺に、たくさんの花々と共に啓翁桜を入れました。
写真を整理していたら、父母の結婚式の写真が出てきました。
父は軍服姿で刀を添え持っていました。
そんな時代だったのですね。


疲れたなぁ~と感じていたところに、雪! しかも大雪!
こんなことで元気が出る自分が可笑しいです。
外階段が雪に覆われてスロープ状態。
何度も何度も玄関を開けては、よし!頑張ろう! 
これって、沁みついた北国魂というものなのかしらね~。

ooyuki.jpg

雪かきに次いで、ツルツルに凍結した前の道の氷割りをしていました。
娘から「無理しないように!年なんだから!」と言われていたのに・・・
喉がおかしく ちょっと寒気が・・・。( ;∀;)
熱は微熱程度なのに、結局インフルエンザA型と判明しました。
風邪なら思い当たることがあるけれど・・・はてさてどこで菌を吸い込んだのか?
しばらく蟄居することに…。

話が前後しますが、雪の前日21日(日曜日)は、ポカポカ陽気の晴天でした。
早咲きの梅が咲いているとのニュースに、気分転換に散歩に出かけました。
大手町で電車を降りて、東御苑まで。
内堀通りまで来た時に、あれっ! 車道に車がなく、自転車が走っている!
驚きました。

jitensha.jpg


調べてみると、「パレスサイクリング」と称して 毎日曜日 祝田橋~平川門往復約3kmが自転車に開放されているようです。
皇居前警備派出所横の案内所で自転車貸し出しもしているようです。
面白い取り組みですね。

ume_2018013018071986c.jpg

もうじき節分。
お豆は十分買ってあります。
「鬼は外~~福は内~~」と盛大にやりましょう。

虹と雪のバラード

12月17日の読売新聞 夕刊 名言巡礼には、
河邨(かわむら)文一郎 「虹と雪のバラード」 についての一文が載っていました。

ファイル 2017-12-24 20 06 59

この歌、覚えていらっしゃいますか?
1972年 札幌五輪のために作られた曲で、トワ・エ・モアが歌っていました。
私は当時札幌に住んでいて、仕事でお客様を案内するため、五輪会場の寒い雪原に通っていました。
70m級ジャンプで笠谷幸雄選手が金メダルを取り、金銀銅を日本が独占した表彰台、
妖精のように愛らしかった ジャネットリンのスケートなど、この曲とともに思い出しました。

札幌を離れて、何十年もたった後、目が不自由だった叔父の年賀状の手伝いをしていた際に、
叔父の友人名簿のなかに「河邨文一郎」の名前がありました。
医者だけど詩人でもあって、「虹と雪のバラード」の歌詞を書いた人だよ…と教えてもらった時の驚き。

この記事を読んで、忘れていたあれこれが頭を駆け巡りました。
当時、私はまだ20代半ば、青春(笑)だったのかな? きわどいところかな?((笑)


omotesanndo.jpg

今年も残り少なくなりました。
この1年 あっという間に過ぎたようにも、いろいろあってやっと終わるのだな~とも感じられる、そんな心境です。

すっかり マンスリーブロガーとなってしまいましたが、温かいお声をありがとうございました。

皆様、どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。

九品仏浄真寺 12月3・5日

今年は、浄真寺が工事中でしたので、紅葉は半ば諦めていましたが、
それでも美しい紅葉が見られました。
来年の記録のためにアップしておきます。

九品仏

秋散歩

11月も今日一日となりました。
出かけられないでいた秋散歩、立て続けに3日予定を入れました。(笑)

26日、そろそろ都内の公園の紅葉も見ごろになったかしらと久しぶりに新宿御苑へ。
陽が差し込んだり雲に隠れたり、光によって紅葉は色合いが七変化。
燃えるような赤だったり、柔らかな色合いになったり、茶褐色に沈んだり・・・

gyoen_20171129214739252.jpg

28日、義妹と出かけた水元公園。
予報は晴れだったのに、曇りがちな空。
それでもメタセコイアのオレンジ色の秋景色は、優しい秋の風情です。
花しょうぶの頃、出かけたことがありますが、広い公園ですね。
今回は金町の駅から歩いての「歩こう会」、総歩数 18000歩。
メタセコイア(曙杉)の森を歩いていると、私にはなじみのあるカラマツ林を歩いているような気になるのは、
葉の形は違うのに、この色合いなのでしょうか?

mizumoto-park.jpg


29日 浦和に越してきた旧友の案内で出かけた、別所沼公園。
秋晴れのお散歩日和、水面に映りこむメタセコイアの紅葉がとても美しくて、
陽が差し込む時間まで計算して案内してくれた友に感謝です。

besshonuma_park.jpg
この公園内にある ヒアシンスハウスとは・・・

別所沼の畔に立つヒアシンスハウスは、詩人で建築家でもあった立原道造の未完の夢が、
全国からの浄財と多くの方々の協力によって、2004年11月、没後65年を経て実現したものです。
                                                                                             ・・・ヒアシンスハウス・ガイドより

長沢芦雪展 11月2日

いつだっだか? 何で知ったのか?忘れてしまったけれど、
いつか南紀・無量寺の芦雪のふすま絵を観に行ってみたいものだと思っていました。
そこまで足を運ばなくとも……
今 名古屋の愛知県美術館で、長沢芦雪展が19日まで開かれています。
お友だちと一緒にいきましょうと話してましたが、体調を崩されているようで、2日にエイヤーと出かけてきました。
ご一緒できたら、嬉しかったのに……

長澤蘆雪展

名古屋へは、かつて夫が単身赴任をしていたので数度訪ねたことがありますが、
名古屋城の天守閣に登ったことも、熱田神宮に参拝したこともありませんでした。
今回は、熱田神宮にお参りして、是非見たいと思っていた「太郎庵椿」を眺めてきました。
叔父の庭にあった椿が、この「太郎庵椿」だと、叔父の友人から聞いたもので興味をもっていたのです。
11月末から咲き始めるようで、まだ膨らんでいない小さな蕾をたくさん付けていました。
この椿を見るためにだけ、再度名古屋に出かけるというのもね~
伊勢神宮とセットというのはどうだろう?


Halloween



iPhoneからの投稿テストです。
間もなくハロウィンですね。
家の前の飾り付けがはじまっていて、とても楽しい。
カボチャの細工はこれからです。



Pumpkin Patch という簡易遊園地を備えたカボチャ市?でカボチャを購入しました。



秋ですね~。

前回アップから1か月が経ってしまって・・・
とりあえず(笑)、近場の散歩での1枚。
お花の名前は分かりません。

aki1.jpg

その他には・・・
鉢植えの鷺草がまだ咲いていました。鷺草と名付けた人の気持ち分りますね~。

aki2_201709251652459bd.jpg

・・・・・・・・・ 最近の大失敗 ・・・・・・・・・

それはこれ、雑然としたベランダに並ぶ、ユリ12鉢

12月ユリ


まもなく義母の1周忌です。義父の13回忌でもあります。
仏壇に、お花を絶やさないように心がけていますが、
室温が高くなる夏場は、花が長持ちせずに、いろいろ苦心していました。
そんななか、「9月に植えて12月に咲くユリ」をネットで見かけて、
球根だから、お庭に植えっぱなしで咲くのなら、これは断然お得。 
4種12球の鉄砲ユリセットを8月にオーダーしました。
9月に入り到着した球根の説明書きを読んで、「しまった !」

《重要》注意事項
●商品到着から3日以内に深鉢に植えてください。
●温度管理の観点から必ず鉢植えで育ててください。

3日以内に深鉢? 温度管理?・・・・・・
深鉢や培養土を買い込んで、大慌て・・・・・・
そして、狭いベランダは、かくの通り 足の踏み場もなくなったのです。
私って、いつも詰めが甘いのよね。
お得だと思ったことが、準備に追われ、これならその都度切り花を購入した方が安かったかも。

順調に育っている11鉢、芽が出ない1鉢。
12月にいったい何鉢花を咲かせるのでしょう~?
でも、毎日楽しみに成長を眺めています

Photoshop 文字入力不具合



higashigyoen.jpg

この画像をPhotoshopELで作っていたら、文字入力がまったく効かなくなって、こんなウォーニングが出ました。

2017-08-26_09h02_58.png


とりあえず、↑ 文字だけはPhotoScapeで入れてみたものの、

どうしよう!この状態を直さなくてはと思い、検索をかけてみましたら、
けっこう同じ状況に陥っている人がいるのです。
6月に使ったときには、異常がなかったのに、ご無沙汰しているうちに いったい何が起こったのだろう?
多くの情報の中から、Adobeのコミュニティフォーラムの対処の仕方を試してみたら、不具合が解消しました。
またこんなことが起こるかもしれないので、メモを残します。

参考にしたサイト
https://forums.adobe.com/thread/2052286

このなかの回答の一つに、「フォントキャッシュを再構築する方法」がありました。
これを試してみました。
https://helpx.adobe.com/jp/x-productkb/global/cpsid_93578.html

font cache
① エクスプローラーを開き、「Cドライブ」→「Windows」→「System32」
② 「System32」の中のファイル「FNTCACHEDAT」を探し削除。…(探すのに手間取った私 ( ;∀;))
③ 再起動

これで無事に文字入力が出来るようになりました。
めでたしめでたし(^_-)-☆

不具合は、ある日突然に起こりますね~。
私と同じ症状が出た方は、お試しくださいね。

あ! チョウトンボ!

西洋アサガオ「ヘブンリーブルー」の空色が大好きですが、咲き始めるのがもう秋。
7月初めに、早咲き西洋アサガオ「天上の蒼」の苗を見つけ、「ヘブンリーブルー」と一緒に植え付けました。
「ヘブンリーブルー」はまだまだですが、「天上の蒼」は8月はじめから咲きはじめ楽しませてくれています。
外から写真を写すのが難しいところですので、これはちょいと冒険。(笑)

早咲き西洋アサガオ「天上の蒼」
P1_201708192245155ce.jpg


22日、北の丸公園の池の傍で、トンボが飛び交っているのを眺めながら水分補給をしていましたら…
各種トンボのなかに数匹(トンボは匹と数えるらしい)趣の違うトンボがいるのに気が付きました。
「あ! チョウトンボ!」
止まってくれないかと、しばらく見ていましたが~~残念。
飛び交っているトンボはどうしたら捉えられるんでしょう?
iPhoneで狙ってみましたが、動きが早くて、シャッターを押す瞬間 液晶画面から消えてしまって・・・
辛うじて姿をとらえられたのは、この2枚だけでした。
いちど出会いたいと思っていたので、感動の一瞬でした。

チョウトンボ


チョウトンボのことを知ったのは、2013年 目黒自然植物園の売店でこの絵ハガキを見た時でした。
えっ! こんなトンボがいるの?
チョウのようにヒラヒラと飛ぶのだそう。
これは目黒自然植物園内で撮影されたものだそうです。
今回のチョウトンボは翅の模様が黒でした。
こんな風に写せたら、嬉しいわね。

絵葉書から
choutombo

ジャカランダの花

久しぶりの雨に、花木には恵みの雨であり、
このところ家の片づけに追われ、暑い!死にそう!(笑) とぼやきながら奮闘している私にも救いの雨となりました。

ブログもお休み状態が続いていますが、スポンサー広告を撃退するために、
ここらでちょいとブログアップ…(^_-)-☆

話題がなくて・・・ひと月前のお話・・・
6月27日のことですが・・・

ジャカランダの花が咲いていると聞いて、出かけ序に、空模様が心配でしたが、足を伸ばしました。
新木場から歩いて10分ほどのところにある、夢の島熱帯植物館です。
盛りはすぎていましたが、まだきれいな花をみることができました。

jacaranda.jpg
花が下に散っています。


ジャカランダ1


この花をはじめて知ったのは、山崎豊子のある小説を読んだ時。
もう15年も前のことです。

舞台はアフリカ ナイロビ
……ジャカランダの樹に、一斉に薄紫の花房が開き、さながら満開の桜のようであった。……
こんなような描写だったか?よく覚えていない。
当時、ジャカランダの花を知らなかった私には、強烈な印象でした。

その後、環八のお花屋さんの植え込みにジャカランダの花が咲いたというニュースを聞いて、
見に行ったことがありましたが、それもすぐになくなってしまいました。
息子が住むカルフォルニアの大学のキャンパスで、見かけたこともありましたが、
なかなか東京では見られませんでした。
今回こちらで見ることが出来ると知って、嬉しいこと。
以前、パソコンのお仲間の方から、オーストラリアのジャカランダ並木の写真を見せていただいたことがあって、
お花自体は桜とは似ていませんが、満開に咲くさまは、なるほど…さくらを連想させるものがありました。

植物館の方のお話では、今年の見ごろは6日から1週間ほどであったとのことでした。
来年のための覚書として・・・

Menu

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

最近の記事

プロフィール

 Chris

Author: Chris

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

ブログ内検索

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: