とりとめもなく

流れていく時の一瞬、ちょっと立ち止まってみたくなって・・・

Entries

4月の桜2

4月7日 
我が家のお墓も里の墓も、御殿場の富士霊園にあり、桜の名所でもあります。
桜が大好きだった里の母の納骨を、桜のシーズンに合わせました。
満開の桜に、富士山もくっきり顔を見せてくれて、微笑んでくれている母を想いました。

reien.jpg

4月10日 
昨年、春爛漫の色合いに感動して、もう一度と・・・
忙しい?という連れ合いに、
私一人なら自分で運転して出かけてもいいよね~と脅してみると・・・(笑) あきる野まで動いてくれました。
ソメイヨシノは散ってしまい、今年の見頃は、4・5日だったそうです。
去年16日に訪れた時の感動には及びませんが、
しだれ桜がまだ綺麗に咲いて、春の喜びを一杯吸い込んできました。

ryushuin1.jpg

「のらぼう菜」と手作りの「切り干し大根」を購入。
近くで出会った地元の方に、この辺りで美味しいお店を伺うと…
車で少しのところにある、「瀬音の湯」のレストランを紹介してくれました。
宿泊もできる、ゆったりした良いところでした。

IMG_0838-horz.jpg

「瀬音の湯」の庭(右)と、
駐車場から見える山のうえに建つ鉄塔。
どこにでも見られる光景ですが、建てる時のご苦労はたいへんだろうなぁ~と見入ってしまいます。

4月の花散歩

今年の桜は開花から満開になるまで超特急。
花リレーは慌ただしく駆けていきますね。
4月3日は、楽しいお仲間とのお花見でした。
訪れてみたかったところ「見沼たんぼ」、大都会の浦和駅周辺から少し入るとこんな田園風景が広がっていて…
四季折々に歩いてみたい素晴らしいところでした。
これもトラスト協会が保全に力を入れているからなのでしょうか?

minuma.jpg

並んで咲いていた2つの野草。
混同していた私は、違いをしっかり教えていただきました。
左が「ホトケノザ」 右が「オドリコソウ」、葉の形の違いが見分けるポイントですね。
自分メモに記します。

hotokenozaodorikosou1.jpg


ご案内くださった皆様に感謝いたします。



野川散策 柴崎~深大寺

25日の野川は、まだ満開にはなっていませんでした。
29日に姉と母の納骨の打ち合わせをしていて、その話をしたら、
「今日は満開よ、これから行きましょう。」ということになって・・・
性格は違うのに、ツーカーと話がまとまるのは、そこに流れる気質が似ているのでしょうね。(笑)

nogawa2_20180404215038597.jpg

深大寺前で恒例の焼き草餅を調達し、神代植物公園へ。
春爛漫の光景に、のんびりとお花見。

jinndaishokubutuen.jpg

小田原城址公園

27日、快晴。
ロマンスカーに乗って小田原まで。
お城と桜は、絵になりますね。
気温が上がり、公園内で食べたアイスの美味しかったこと。 (^^♪

odawara.jpg

記憶が曖昧なので、記録のためUPします。(笑)
ご案内くださった友に感謝です。

さくら、さくら、弥生の桜

3月25日 都内の桜が満開になったと、さかんにテレビが報じていました。
早起きして千鳥ヶ淵へでも出かけようかと思いましたが、ちょっと寝坊をしてしまって・・・
それでは、反対方向にと・・・(笑)

二ヶ領用水は、徳川家康の命により、多摩川右岸の「稲毛領」と「川崎領」の二ヶ領を潤す農業かんがい用として開削された用水路だそうです。
桜の名所にもなっているので、出かけてみました。
南武線 宿河原駅から商店街を抜けると、もうそこが用水路。
満開の桜の下、地元の方たちが、ご家族でお弁当を広げてお花見を楽しんでいました。

nikaryouyousui.jpg

この後、野川まで足を延ばしましたが、満開には至っておらず、後日UPすることに・・・(^_-)-☆

k_lyy.gif

3月26日 駒場グラウンドの桜


komaba_201804042313506e0.jpg

ソメイヨシノが咲く前に

温かい日が続いて花散歩をしていたら、突然春の雪でしたね。
少し前の寒波が去って、もう大丈夫かと、ふと見つけたムラサキハナナの苗を植え付けました。
まだしっかり根付いていないので、心配。
種を蒔いてもすぐ消えてしまうので、苗を植え今度こそと楽しみにしていたのに・・・。

1週間ほど前のことですが、我が家の近くにある、杏とサクランボ(佐藤錦)の花が満開となりました。
桜に先駆けて咲くこの花は、とりわけ嬉しいものです。

ソメイヨシノが咲く前に

母と訪れた思い出のある殿ヶ谷戸庭園を久しぶりに訪ねました。
覚えているものと、下調べもせずに出かけましたが・・・
国分寺の駅がすっかり変わってしまって、あれっ?どっち方面だったかと思わずGoogle Mapで検索。
駅のすぐ前にありました。(笑)
山野草はもうみられませんでしたが、カタクリの花が咲いていました。
カメラ叔父さんが言うのには、今年は例年よりも早いとか。。

昭和記念公園

帰りに、昭和記念公園を歩いてきました。
ふと見上げると、家の前のお宅のソメイヨシノが咲いてきています。
さぁ~お花見本番ですね。

松田山河津さくら & あぐりパーク

時の流れは、速いですね~。
家に籠っているわけではなく、あちらこちらと動き回っていますが、
スポンサー広告に負けなじんでしまって(笑)、ブログはすっかり後回しです。

2年前に亡くなった義母の家は、それぞれの想いがあって、そのままにしてましたが、
やっと義妹と一緒に片付けを始めました。
根をつめると、ホコリで喘息になりそうだし、力仕事が多く腰痛にも注意!(笑)・・・
好天の日は、作業は止めにして、歩きに出かけます。

2月28日は、仕事中止。
近場の梅にしようか?ちょっと遠出の桜?
相談の結果、松田山の河津さくらを観に行こう!と決まりました。

松田山までは1時間半ほどかかりますが、ピンクの桜に菜の花の黄色、春ですね~。
田園都市線で中央林間まで→乗り換えて 相模大野→そこから小田急で「新松田」下車。
あとは、歩け歩けです。
松田山からあぐりパークまでは、かなりシンドイ急坂を頑張ってのぼりましたが、
大きな富士山には雲がたなびき、 わずかに稜線が見えるだけ。
カメラにははっきり捉えられませんでした。
夕方もどってきたら、近くの桜神宮の河津さくらがライトアップされて、夜桜見物。

matudayama1.jpg

春のお花が咲いてきましたね。
とりあえずここで、スポンサー広告とさよならをしますね。

「新年あれこれ」 & パレスサイクリング



2018年が始まって、もう1か月が経とうとしています。

3日に恒例となっていた賑やかな新年会を終えて数日後、
「お正月は終わったのね。ここらでもういいでしょう。」といわんばかりに、里の母が静かに息を引きとりました。
98歳でした。
先生が、もうすこしで白寿だったのね~よく頑張ったね・・・とねぎらってくれました。
桜が大好きだった母の棺に、たくさんの花々と共に啓翁桜を入れました。
写真を整理していたら、父母の結婚式の写真が出てきました。
父は軍服姿で刀を添え持っていました。
そんな時代だったのですね。


疲れたなぁ~と感じていたところに、雪! しかも大雪!
こんなことで元気が出る自分が可笑しいです。
外階段が雪に覆われてスロープ状態。
何度も何度も玄関を開けては、よし!頑張ろう! 
これって、沁みついた北国魂というものなのかしらね~。

ooyuki.jpg

雪かきに次いで、ツルツルに凍結した前の道の氷割りをしていました。
娘から「無理しないように!年なんだから!」と言われていたのに・・・
喉がおかしく ちょっと寒気が・・・。( ;∀;)
熱は微熱程度なのに、結局インフルエンザA型と判明しました。
風邪なら思い当たることがあるけれど・・・はてさてどこで菌を吸い込んだのか?
しばらく蟄居することに…。

話が前後しますが、雪の前日21日(日曜日)は、ポカポカ陽気の晴天でした。
早咲きの梅が咲いているとのニュースに、気分転換に散歩に出かけました。
大手町で電車を降りて、東御苑まで。
内堀通りまで来た時に、あれっ! 車道に車がなく、自転車が走っている!
驚きました。

jitensha.jpg


調べてみると、「パレスサイクリング」と称して 毎日曜日 祝田橋~平川門往復約3kmが自転車に開放されているようです。
皇居前警備派出所横の案内所で自転車貸し出しもしているようです。
面白い取り組みですね。

ume_2018013018071986c.jpg

もうじき節分。
お豆は十分買ってあります。
「鬼は外~~福は内~~」と盛大にやりましょう。

虹と雪のバラード

12月17日の読売新聞 夕刊 名言巡礼には、
河邨(かわむら)文一郎 「虹と雪のバラード」 についての一文が載っていました。

ファイル 2017-12-24 20 06 59

この歌、覚えていらっしゃいますか?
1972年 札幌五輪のために作られた曲で、トワ・エ・モアが歌っていました。
私は当時札幌に住んでいて、仕事でお客様を案内するため、五輪会場の寒い雪原に通っていました。
70m級ジャンプで笠谷幸雄選手が金メダルを取り、金銀銅を日本が独占した表彰台、
妖精のように愛らしかった ジャネットリンのスケートなど、この曲とともに思い出しました。

札幌を離れて、何十年もたった後、目が不自由だった叔父の年賀状の手伝いをしていた際に、
叔父の友人名簿のなかに「河邨文一郎」の名前がありました。
医者だけど詩人でもあって、「虹と雪のバラード」の歌詞を書いた人だよ…と教えてもらった時の驚き。

この記事を読んで、忘れていたあれこれが頭を駆け巡りました。
当時、私はまだ20代半ば、青春(笑)だったのかな? きわどいところかな?((笑)


omotesanndo.jpg

今年も残り少なくなりました。
この1年 あっという間に過ぎたようにも、いろいろあってやっと終わるのだな~とも感じられる、そんな心境です。

すっかり マンスリーブロガーとなってしまいましたが、温かいお声をありがとうございました。

皆様、どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。

九品仏浄真寺 12月3・5日

今年は、浄真寺が工事中でしたので、紅葉は半ば諦めていましたが、
それでも美しい紅葉が見られました。
来年の記録のためにアップしておきます。

九品仏

Menu

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事

プロフィール

 Chris

Author: Chris

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

ブログ内検索

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: