FC2ブログ

とりとめもなく

流れていく時の一瞬、ちょっと立ち止まってみたくなって・・・

Entries

台風が過ぎて・・・

ミンミンゼミの鳴き声が弱まり、ツクツクボウシの声が聞こえるようになりました。
ん? もう晩夏? 
まだまだ暑さ本番ですが、季節は変わり始めているのでしょうか?

FC2ブログは1ヶ月ブログ更新をしないと、前面にスポンサー広告が張り付きました。
それが私のブログUPへの動機づけ(笑)にもなっていましたが、
1ヶ月が過ぎても、広告が出ないので、不思議に思いながらサボってました。 (^_-)-☆
調べてみると、8月から1年間、この広告をストップするとの有難い?情報がありました。
嬉しいですが、ますます、休眠ブログになりそうです。

花記録として続けているブログですが、暑さが苦手なので花散歩を控えています。
で、とりとめもない(笑)ことで、今回はアップ。

k_lgg.gif

北海道の幼馴染みから、トウモロコシがチルド便で届きました。
「昔みやこちゃん(私のこと)が住んでいたところが畑になってさ~
その畑を借りて、野菜を作ってるのさ。
きっと懐かしいと思って・・・送ったからね。」と・・・・・・
送り状には、トーモロコシと書いてある。(道弁ではトウキビと言う (笑))
小粒で甘く柔らかい「トウキビ(笑)」で、品種を聞いたら「ハニー何とか・・・」だそう。
60年あまり前の風景を思い浮かべながら、トウキビを齧りました。
本当に美味しい!
今は、どんな風に変わっているのかな・・・・・? 行ってみたいけど・・・。

3l_clg_201908111651330ff.gif

我が町に数年前にオープンしたオシャレな「おはぎ屋さん」があります。
店名は「タケノとおはぎ」
小ぶりで、まるで高級和菓子のようです。
7種類の「おはぎ」が用意され、定番の「つぶあん」「こしあん」の他は、
日ごとにメニューが変わるそうで、今回は、「ひまわり」の黄色が目に飛び込んできました。
娘のところへ持っていくのに、行列に並びました。
餡に合わせて、お米の種類が違うようで、上品なお味で美味しいです。

takeno.jpg
写真の許可をとりました

3l_cly.gif

10日、娘に誘われて出かけたミュージカル 「キャッツ」。
随分前に観ているのですが、今回は、大井町駅近くの劇団四季「キャッツシアター」
―猫以上に猫らしい動き―にダンスの素晴らしさ、「メモリー」の音楽と共に、キャッツの世界を堪能してきました。
舞台のスロープから客席に滑り降りてくるキャッツがすぐ傍でみられて、スリル満点でした。
暑い夜に、ブランケットを膝に、ストールを羽織りながらの観賞で、避暑気分ね。

cats_20190814152107647.jpg


アナベルの雪山

青梅に入院していた叔父が亡くなって6年になります。
アナベルの雪山へは、亡くなる前年の2012年に、叔父を見舞った帰りに寄ったのが最後となりました。
早いもので、あれから7年が経ちました。

最近、認知機能検査と高齢者講習を不安げに受講し、免許更新手続きを完了した相方が、
東京サマーランドにアジサイを見に行こうか!と誘ってくれました。

6月26日、雨が上がって暑い日となりました。
7年ぶりのあじさい園は、様変わりしていました。
標識に「Wonderful Natural Village」との表示があり、何だろうと思いましたが、
入口を入ると、そこはワンちゃんたちの楽園でした。
6つのドッグラン・・・1つは屋根付きドッグランだし・・・、ドッグプールにドッグビーチ。
足洗い場にドライヤー、各所にあるリードフック、うんちBOXなど・・・至れり尽くせり。
なるほど、ワンだふるです。

私たちが喜んだのは、カフェレストランが出来ていたこと。
薪で焼く石窯も備わって、アナベルの雪山へ登る前にピザ(二人でシェア)とコーヒーでエネルギー補給をしました。
もちろん、ここもワンちゃんと一緒に入れます。

ということで・・・アナベルの雪山までゆっくりと登りました。
入口の開花情報では、アナベル6分咲きだそうです。

anaberu_yukiyama.jpg

こちらはピンクアナベル。
カフェレストランのすぐ後ろに、ピンクと白のアナベル園があり、上まで登らなくても楽しめます。

ピンクアナベル


3l_clg_20190626225118523.gif


カフェレストラン
帰り際に、またカフェレストランで少し遅めのランチ。
クアトロフォルマッジ(4種のチーズに蜂蜜)大好きです。



ジャカランダの花 6月11日

ジャカランダ…別名 キリモドキ・・・だそうです。
なるほど、桐の花に似てますね。

夢の島熱帯植物館の情報では、6月8日頃に見頃になるとありましたが、、
予定もあり雨が続いていたり、やっと11日に出かけてきました。
前日の大雨に花弁が痛んでいましたが、今年は見ることができました。
たまたま ご一緒になった方が、「宮崎にはジャカランダの森があるのです」 と教えてくれました。
「ジャカランダの森」とは心惹かれますね。

ジャカランダ



―――熱帯では乾期の終わりに落葉した状態で花を咲かせ、その後に新芽を出します。―――ネットより
写真でみる南アフリカやオーストラリアのジャカランダ並木は一面に薄紫の花盛りで、
こちらの咲き方とは違うと感じていましたが、ソメイヨシノのように 葉が出る前に花を咲かせているのですね。
ジャカランダの葉は、ねむの木の葉にも似て、涼やかで素敵ですから、こんな咲き方もいいものです。

ジャカランダ3



最近、お花屋さんの店先にジャカランダの苗木が見られるようになりました。
花が咲くまでには数年かかるようですし難しいのだとか~
葉がきれいなので、観葉植物としても人気が高いらしいです。


3l_clg_20190626225118523.gif


ザクロ



札幌 想い出巡り その2



北大キャンパス


moiwayama.jpg

札幌は青春時代を過ごした懐かしい街ですが、変貌をとげて私の知らない町となりつつあります。
それでも緑豊かでオシャレで素敵な街であることは、変わらないでしょうね。
私にとって変わっていないもの・・・北海道庁の赤レンガの建物と母校のマリア様かな?

douchou.jpg

30度超えの猛暑の札幌、毎日2万歩以上歩いていました。
また元気で来られないかもしれない・・・そんな気持ちが歩かせてくれるのでしょうね。
暑さには堪えましたが、楽しい3日間でした。
快く見送ってくれた家人に感謝です!

想い出を辿って・・・札幌その1  5/26~5/28

この季節になると、ライラック(リラ)の花を観たいな~と心が騒ぎます。
年々思うのは、東京ではきれいに咲くライラックになかなか出会えないからなのでしょう。
ライラック祭りの混雑が終わった頃を見計らい、格安チケットをネットで入手して札幌に出かけてきました。

まだ5月というのに、東京よりも暑いのでは?と思われる猛暑の札幌。
「リラ冷え」と言われる「寒の戻り」があるこの季節、ジャケットを用意しましたが、半袖でもいい位。
ライラックまつりのメイン会場である、大通公園のライラックは暑さにぐったりしていました。

ライラック2

白いライラックといえば、かなり前に見た映画、「ラフマニノフ ある愛の調べ」
白いライラックがとても印象的でした。
ラフマニノフには、「白いライラック伝説」があるようですね。

ギラギラの日差しに、ライラックの花はテカっていて、白飛びしています。

gll_g_201904262014397e3.gif



北大植物園近くのホテルにしましたので、大好きな植物園で長時間散策。

北大植物園

朝6:30発の飛行機でしたから、まだお昼前、近くの「北菓楼札幌本館」で早めのランチ。
「北菓楼」はシュークリームが美味しい人気店ですが、事前にランチの下調べをしていたら、
こちらのカフェのオムライスが一押しとの情報があったので、寄ってみました。

――大正15年に北海道庁図書館として建てられてから約1世紀
   2016年 安藤忠雄さんのデザインで「北菓楼札幌本館」として生まれ変わりました。――北菓楼のHPから

カウンター上の書棚には、北海道の歴史とお菓子の本で埋め尽くされているようで、
「すべて本物の本ですか?」と聞いてしまいました。
「地震があっても大丈夫ですか?」とも・・・(笑)・・・いかにもオバサン発言!
すべて本物で、強いアクリル板が貼ってあるので、大丈夫だそうです。(^_-)-☆

北菓楼

そのあと近代美術館で 「相原求一郎の軌跡展」を観賞。
チケットを購入しようとカウンターへ向かう時に、
見知らぬ方から、「招待状が1枚余っているので、どうぞ使ってください」と声をかけられ、嬉しさMAX。
2度目の美術展ですが、やはり心に沁みる雪景色です。
「心の磁石が北をさす」・・・・・・相原さんの言葉なのかなぁ~?、私も年を重ねる毎に、そう感じます。

ひょんなことで、赤城自然園!

「ツアーに行かれなくなった方がいて SOS‼」 との友の電話に、
二つ返事で「行きま~す」と答えた私ですが・・・
出かける 1週間前になって、突然聴力が落ち、すべての音がくぐもって焦りました。
耳鼻科に駆け込み、突発性難聴の薬を処方してもらいました。
めまいの症状もあり、予定をキャンセルして安静にしていましたら、
あらら不思議、じきに聴力が戻りました。
で、元気に 赤城自然園へ行くことが出来ました。
いつ行っても、グリーンシャワーを浴びて心和む良いところ、まさに「癒しの森」ですね。
関越道を走るバスの車窓から、高木のアカシア(ニセアカシア)の白い花が幾重にも咲き誇っているのが見えました。
これも私には、とても嬉しい!

akagi.jpg

こんな花々にも出会いました。クリンソウも咲き始めていましたし、まもなくオオヤマレンゲも咲きますね。
同行してくださった、ナビゲーターさんのお話も興味深く、お弁当も美味しかったのです。

akagi1


聴力が戻ったことにも、お声を掛けてくださった友にも感謝です。

白い花

毎年同じような花追いをしているようですが・・・・・・
ふと見過ごしてしまったり、新しい発見があったり・・・・・・
同じ花であっても、違った想いがあるものです。

花記録のためにブログを記しています。

Star-of-Bethlehem.jpg


「ベツレヘムの星」は、新宿御苑のラクウショウの下にも咲いていますが、御苑では「大アマナ」と呼ばれています。
私は、最初に教わった名前が 「スター・オブ・ベツレヘム」だったので、いつも 「ベツレヘムの星」と呼んでいます。

たまたま今 読んでいる本のなかに、 北原白秋の「からたちの花」が出てきたもので、
傍にある 「からたちの花」 にカメラを向けました。
本当にトゲは痛そうです。

gll_g_201904262014397e3.gif


koishikawa.jpg

ハンカチノキを初めて見たのは、ここ小石川植物園でした。
その時買った絵はがきを大事にとっていましたが、今どこに行ったかしら?
「ツクシカイドウ」は和名では(筑紫海棠)とありますが、清楚で素敵な花ですね。

ニュートンのリンゴ

ツツジの季節になりましたが、新緑に白い花もいいものです。
他にもありますが、また次の機会に・・・

雨のお花見



予め予定していたこの日・・・・・・
この日に限って、寒さが戻り雨模様でした。
まぁ~こんなこともありますね。
でも、雨のお花見もまた良いものです。(^_-)-☆
今回、思ったこと・・・「赤い傘は素敵!」
新宿御苑の写真展に、降りしきる雪景色のなかに赤い傘をさしている二人の後ろ姿が印象的な一枚がありました。
それを思い出させる芝離宮の赤い傘でした。

shibarikyu.jpg

神田川を歩く



神田川といえば…板橋や江戸川橋付近の桜並木を歩いたことがありましたが・・・
こんなところにも神田川?と思いました。
神田川の水源は井の頭池だったのですね~、ここは上流になるのかな?
友の案内で、満開の桜にどっぷり浸ってきました。

kandagawa.jpg

この後、山野草を育てている友人宅でお庭の花々を見せていただきました。
満開の桜を見た後の山野草は、いつにも増して愛らしく心温まる花々でした。
桜は華がありますが、どこか心が騒ぎます。山野草の花はほっこり笑顔になりますね~。

山野草の写真はありません。(笑)
お茶とおしゃべりに夢中で、心のカメラにしっかり写しましたよ。(^_-)-☆
友に感謝!

桜散歩

3月31日 早起きさんと一緒に千鳥ヶ淵へ
満開と報じられていましたが・・・もう一歩というところでしょうか。
花曇りのもと、朝の柔らかい光に、花弁の色は淡くやさしい表情でした。


千鳥ヶ淵1

半蔵門駅近くで朝コーヒー、早起きさんとは、ここでお別れ (^_-)-☆
私は、東御苑へ向かいます。
途中の近代美術館工芸館には、外人さんが列を作っていました。
備前焼の催しの様でした。

東御苑

大手門から出て、地下鉄に乗ろうとして、ふと 都営三田線の表示が目に留まりました。
まだお昼になっていない時刻、シルバーパスで白金台に寄ってみようと。
そう、目黒自然教育園です。

meguro2_20190412223106f4e.jpg

meguro3.jpg


ニリンソウが咲いています。
若葉は食用となるそうですが、ヤマトリカブト(有毒)ととても似ているので、注意が必要とのこと
・・・・・・箱根湿性花園のガイドさんより

帰宅したのはまだ3時前、素晴らしい花散歩でした。
自分でもびっくりの24000歩余り、早起きのお陰と花パワーですね~~~

Menu

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近の記事

プロフィール

 Chris

Author: Chris

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

ブログ内検索

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: