FC2ブログ

とりとめもなく

流れていく時の一瞬、ちょっと立ち止まってみたくなって・・・

Entries

大田黒公園 ライトアップ 11月30日


太田黒1
本でみた写真の素晴らしさが頭に残っていて…、
私の腕では、手振れをどう抑えられるか?手持ちでの夜景は難しい。
設定を変えてみようと思っても、ライトがないとそれも叶わない。
目に焼き付けたライトアップは、もっともっと美しかったのだけど・・・

「去年と比べると、まだまだね~!」との声がきこえましたので、
今年の紅葉は遅れているようで、きっと美しさも違っていたのかもしれませんが・・・
私には、夕暮れから日没までの、とても素敵な時間でした。

ライトアップ

大田黒公園 11月24日

荻窪の大田黒公園を知ってますか?
ある時 友人から聞かれて、初めて耳にした名前でした。
最近 たまたま、旅の本「紅葉美景」を本屋さんで立ち読みして、
各地の美しい紅葉風景に惹かれて、この本を買いました。
そこに、大田黒公園の素晴らしいライトアップ写真が載っていました。

荻窪は降りたことがありませんでしたし、どんなところか興味が湧いて出かけてみました。

太田黒公園

ライトアップまではいられなかったので、数日後また出かけようかと思っています。


九品仏浄真寺 25日

紅葉の進み具合はどうかな?と訪れてみたら・・・
紅いもみじは、もう少しですね~~
jousinnji1.jpg

イチョウの大木の1本は緑色、もう1本は見事な黄金色
jousinnji2.jpg


jousinji3.jpg

今は七五三祝いの可愛い姿が見られますね。

jousinji4.jpg



悲しみあり、 喜びもあり



10月17日、9月に亡くなった叔父(母の弟)の49日法要に参列するため、2度目の大阪行きでした。
新幹線に乗るときは、富士山の見えるサイド 右手D&E席を指定しますが、
前回は、富士山はまったくの雲の中、今回も朝は雨でしたから諦めていましたが・・・…
何とか顔を見せてくれました。( `ー´)ノ それも水墨画のようなステキな姿を…私、好きです。(笑)
itami3.jpg
伊丹に住む叔父のところには、何度か来たことがありましたが、
駅前のこんなところに、歴史のドラマが眠っていたとは。
NHK大河ドラマ「軍司官平衛」のワンシーンを思い出しました。

法事を終えたあと、まだ陽は高く、秋日和でした。
まっすぐ帰る予定でしたが、京都に寄ってみようかということになりました。

一度行ってみたいと思っていたところ、「智積院」
ここに長谷川等伯一門の国宝障壁画が収められているのです。
同行の姉も好きですから、時間ギリギリだけれど、京都駅からタクシーを飛ばしました(してもらいました)(笑)
受付時間終了 4時の10分前でした。
26歳の若さで亡くなった等伯の息子・久蔵25歳の作 「桜図」
久蔵を亡くした翌年、等伯が描いた 「楓図」 等々・・・
思い切って来て良かった・・・と二人で感動していました。
写真は撮れないので、チケットから。

sakurakaedezu2.jpg


これでは、良さがわかりませんね。リンクを貼っておきますね。

http://www.chisan.or.jp/sanpai/houmotsu/

4時半までは庭園も見られましたので、時間までゆっくりと見学。

chijakuin.jpg

美味しいお弁当も頂いて、盛りだくさんの一日でした。

秋を探して…

久しぶりの花散歩、目黒自然教育園

meguro1_20180928225101bf5.jpg

megurokyouikuen1_20180929150950215.jpg

この植物園の秋の楽しみは、楽しい実の「ゴンズイ」と「クサギ」 や 「アケビ」と「ムベ」などですが、
アケビはまだ実が割れていなかったので、次回の楽しみとしましょう。
クサギ(臭木)とカリガネソウは、ともに悪臭があると言われているようですが、あえて試してはいません。(笑)


雨上がりの神代植物公園

9月9日
雨続きだった毎日、ふと晴天となって、どこかへ出かけようかと、神代植物公園へ。
覚書として・・・・・・

fijibakama.jpg

フジバカマには、いろいろなチョウがたくさん。
チョウが大好きな花なのでしょうね。


jindaikouen_201809302059508a1.jpg

木田金次郎展 府中市美術館 

有島武郎の「生まれ出づる悩み」のモデルとなった、北海道西部の港町・岩内の画家 木田金次郎の展覧会が
今、府中市美術館で9月2日まで開催されています。
有島と木田金次郎との関わりがよく分かる展示で、見応えのある展覧会でした。
1994年(平成6年)に、岩内に木田金次郎美術館が開館した時に、友と訪ねたことがありました。
東京では、作品を観る機会がなかなかありませんので、
力強い独特なタッチの心に響く絵をゆっくり鑑賞してきました。

kidakinjirouten.jpg
帰り道、栗のイガが豊かに膨らんでいるのを見て、秋が近づいてきているかな?と嬉しくなりました。

孫たちの夏休み

息子ファミリーがやってきたのは、まだ梅雨のまっただなかでした。
羽田空港国際線4階の広小路には、さまざまな紫陽花が咲いていました。

IMG_1209.jpg

昨年10月、2人目の孫誕生の手伝いに出向いたときは、ちょうど上の孫が学校に入って間もなくの時で、
英語を身につけはじめた頃でした。
先生のお話は理解しているようでしたが、私たちの前では、ほとんどが日本語での会話でした。

あれからほぼ10カ月が経ち、見違えるように成長した彼(6歳 日本ではまだ幼稚園年長さん)は、
パパと話すのはもっぱら英語、それも凄いスピードのネイティブスピーカー。
ジジ・ババは、ポッカ~~~ン! (^_-)-☆
我が家に外人さんがやってきた!状態です。
でも、質問すると やさしく丁寧に日本語で話してくれます。
子供の適応力は素晴らしいですね。

息子たちに誘われて、車を連ねて 一緒に箱根まで出かけました。
途中、御殿場でお墓参りをしましたが、今年亡くなった母は可愛い曾孫が増えているのを喜んでくれているかと。

息子がネットで予約してくれたお宿は、「はなをり」。
ナチュラルモダンな素敵なホテルでした。
お食事は“こだわりのブッフェスタイル”とか、どれも美味しくて、孫も大喜び。
オシャレな小皿に盛り付けられたお料理の数々は、私達シニア世代にも、嬉しいものでした。
もちろんガツンと食べたい息子たちのメニューも充実していました。

水をたたえたテラスにある足湯のカウンターにカメラを置いて写すと、
芦ノ湖まで水面が続いているように見えました。

Hakone_20180717230238bc1.jpg

7月11日猛暑のなか 孫たちより 一足先に帰米する息子を送っていった時には、ホオズキでした。
ホオズキ

そして、25日 孫たちが元気に帰って行きました。
この日は、アサガオでした。 (これはフェイク・・・仕方がないわね~~)
magokibei.jpg

さて~私の夏休みはこれからかな? (^_-)-☆


柳絮(りゅうじょ)舞う水元公園


6月7日

義妹と水元公園へ出かけました。
秋にメタセコイア並木の紅葉がステキだったので、花菖蒲の頃にまたでかけましょうと約束していました。

水元公園内は広いですね~。
ポプラ並木のあたりで、雪のように舞うものがあって、ポプラの綿毛かな???と。
写真には写せませんでしたが、水元公園のブログをみると、カロリナポプラの綿毛 柳絮(りゅうじょ)というそうです。

mizumotokouen.jpg

前回廻れなかった「閘門橋」まで歩いてみました。
レンガ造りアーチ橋としては東京に現存する唯一の貴重な橋だそうです。
近くの出口からでると、そこは埼玉県三郷市でした。
金町行きのバスに乗るには、東京都シルバーパスは利用できないのよね。(笑)


クリンソウ咲く「千手ケ浜」

私が利用している東急田園都市線は、渋谷から半蔵門線となり、押上から東武線に繋がっています。
そのため、3社の車両が走っています。
この時期、東武車両にのると、つり広告には、日光の宣伝にこの千手ケ浜のクリンソウの素敵な写真が見られ、
旅心を誘われます。
いつか行ってみたいと思ってましたら、Sさんが詳しく教えてくれました。ありがとう!
日光の話を連れ合いがしたときに、シメタ!今だ!と…大喜び (^_-)-☆

このエリアはマイカーが入れない環境保全地域になっていて、
低公害バスが走っています。
盛りの頃は混みあうようなので、まだ咲き揃ってはいませんでしたが、
静かにゆっくり見ることができたのは、幸いでした。

senjugahama_edited-1.jpg

千手が浜から低公害バスで、車をおいている赤沼車庫へ戻る途中、小田代ヶ原で途中下車しました。
行きに車窓から見えた風景があまりにステキだったので、歩いてみたくなりました。
歩くのは好きじゃないと公言していた夫ですが、
とある理由で、毎日  早朝ウォーキングをかかさない真面目さが脚力のパワーアップに繋がっています。
私にはとても真似のできないことで、尊敬かな。

赤城自然園で「森の貴婦人」「オオヤマレンゲ」に会いましたが、ここにも「貴婦人」が…(^^♪

↓ 貴婦人とは、草原に立つ1本のシラカバのこと。
推定樹齢80年だそうです。

小田代ヶ原

この道は、戦場ヶ原遊歩道に続き、赤沼まで歩いていけるようです。
興味がありましたが、20分ほど歩いたところで、ポツポツと雨が落ちてきました。
傘をさすほどではありませんでしたが、バス停まで引き返し、バスに乗りました。
いつか、その先まで歩いてみたいなぁ~! (^^)!



帰り際に中禅寺湖畔でランチ。
壁に 大人の休日倶楽部の「奥日光のリゾート篇」 吉永小百合のポスター、「大人になったらしたいこと」 (笑)
舞台は英国大使館別邸。
では、寄っていきましょうかと。
窓から見える僅かに白い花が咲いていた木が気になって、何の木ですか?と尋ねると、
「えーと!えーと!…北海道に良くある木で・・・・?」
「ナナカマドですか?」
「あ、それです。」と…(^_-)-☆
ライラックは諦めたけれど、札幌の「ナナカマド通り」見に行きたくなってしまいました。

eikokutaisikan.jpg

Menu

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事

プロフィール

 Chris

Author: Chris

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

ブログ内検索

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: