とりとめもなく

流れていく時の一瞬、ちょっと立ち止まってみたくなって・・・

Category [美術 ] 記事一覧

今年1年、ありがとうございました。

今頃になってのアップですが…19日、久しぶりに訪れた新宿御苑、燃えるような紅葉に出会えました。紅葉が遅れたお陰でしょうか?春を告げる水仙といっしょに見られるとはうれしい!好天でしたが、手が冷たくなってしまって、温室へ駆け込みました。そこで出会った「オオベニゴウカン」(右下) ネムノキに似てますね。描かず描く・・円山応挙 国宝 雪松図屏風 絵ハガキよりぜひ見たいと思っていました。真っ白な雪をまとった松、...

リニューアルオープン 静嘉堂文庫美術館

今年は各地で、琳派展が開かれていますが、世田谷区岡本にある静嘉堂文庫美術館は、3年間のリニューアルをおえての第1弾 「 金銀の系譜~宗達・光琳・抱一をめぐる美の世界 」が催されています。美術館へは、二子玉川からバスで10分ほど、バス停を降りてから坂道を上っていかなければなりません。2日、晴れの日を選んだつもりだったのに、生憎の曇り空。今回は、友人といっしょでしたので、駅からタクシーにのりました。(笑...

台風一過、秋ですね~

最近ずっこけることが多かったですが、紫陽花の予約には かろうじて気分がシャンとしていました。 ajisai-junko-mamaさん から11日、高原育ちのお洒落なべっぴんさん(笑)秋色紫陽花の生花が届きました。 生花からドライに変身して、これから1年間、我家の玄関を飾ってくれます。 湿気が多いですが、うまくドライになりますように~ そしてこの日は、私の休息日。 休息とは家でゆっくりすることではなくて(笑)、普段できないこ...

夏の終わりの楽しい一日

今日で8月とお別れ、明日からは9月ですね。いよいよ○○の秋の訪れでしょうか? なんの秋にしましょうか?(笑)それにしても今年の暑さの頑張りには、参りました。 28日、ブログ友のはっちゃんの素敵な絵の展覧会に出かけてきました。 詳しいことははっちゃんのブログをご覧くださいね。明日までです。 まずは、はっちゃんの絵のご紹介。どこまでも続くひまわり畑の向こうに浮かぶ夏の雲… いくら暑くてもこんな素敵な絵を前にし...

小春日和の穏やかな日に・・・(*^_^*)

なにやら歌から拝借した(パクった?笑)タイトルですが…(笑)木枯らし、時雨、小春日和の繰り返しで季節は冬に向かっているようですね~隣家の叔父の庭ではニシキギがいち早く真っ赤に染まります。ほんとまっかっか!(笑)朝 雨戸を開けに行くときに、その葉の虫食い模様が さまざまな顔の表情をしていて とても楽しいのです。いちばんお気に入りの「ニコちゃん葉」は、あまりに見つめすぎたのか散ってしまいました。いっぽう...

花之江の郷

「どこかいく?」「それじゃぁ~、花之江の郷に行きたいわ!」……ある朝(14日)の我が家の会話……一日遅れの夫からの多分 母の日プレゼントかな?我家からですと、大橋インターより高速中央環状線(C2)高速川口線(S1)を抜けて東北道の栃木インターまで そこから10分ほど、おおよそ1時間半で到着します。花之江の郷はいつ来てものんびりできる大好きなところです。ドライバーさんには、緑のなか池を眺めながら食事をして、私が...

オムニボット vs, キクゾー

「覚えてるかな?? サンタにお願いした記憶が。コンピュータ博物館 で偶然遭遇したので」と息子からのメール。そして、この写真が送られてきました。お分かりの方はいらっしゃいますでしょうか?1984年、今から25年前、クリスマスを控えた12月のこと。これは忘れもしない Tomy の Omuni Bot(オムニボット)。当時、多分テレビでみたのでしょう。「お茶を運んで持ってきてくれるロボットがあるんだよ~~」と目を輝かせて小学校1...

男鹿和雄展

トトロの森を描いた人。昨日、ジブリの絵職人「男鹿和雄展」へ行ってきました。残す会期があと数日となり、やっと出向くことが出来ました。午前中に、幼稚園の祖父母の会に出席した後、清澄白河の「東京都現代美術館」へかけつけるとなんと入場まで70分待ちでした。列に並んであたりを見渡すと、年齢層は幅広く、平日なのに男性が多いのに驚きました。ジブリの人気の高さを改めて感じました。宮崎駿監督の絵コンテをもとに、素晴ら...

金刀比羅宮・襖絵

上野で開かれている「金刀比羅宮 書院の美」を見にいってきました。知りませんでした。「こんぴら船々・・・・」でおなじみの金比羅さんの正式名は 金刀比羅宮(ことひらぐう)であることも、信仰の社にして文化の社でもあって、重要文化財14件を含め、文化財を6000点も有していることも。今回は重要文化財の襖絵を、書院空間ごと再現して見せてくれます。丸山応挙の「虎の間」         ...

モネ展 3度目ですが・・・・

国立新美術館に「モネ展」を見に行ってきました。今回で3度目ですが、何度見ても又見たくなります。そろそろ空いてきたかと思いましたが、ますますの混雑でした。あまり見たことがなかった初期の作品を見ることが出来て新鮮でした。「ルエルの眺め」は18歳の作だとか、びっくりです。3月に念願だったオランジェリー美術館で、晩年の睡蓮の大作を見てきました。その迫力に圧倒されました。楕円形の部屋の真ん中にあるソファーに座っ...

Menu

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

プロフィール

 Chris

Author: Chris

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

ブログ内検索

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: