とりとめもなく

流れていく時の一瞬、ちょっと立ち止まってみたくなって・・・

Archive [2007年07月 ] 記事一覧

さぎ草

昨日、ふれあい出張所での「鷺草展示会」へ行ってきました。 有志の方たちが丹精込めて咲かせた 「鷺草」です。 目を凝らしてみて、つくづくこのお花の形には感動です。 8月に一緒にやってみましょうと誘われましたが、難しそうですね。 この花は世田谷区の区花になっていて、 九品仏の浄真寺には「鷺草園」があります。このあたりには、鷺草伝説があって、いっそう神秘的に思われます。近いうちに、九品仏までお散歩してみようか...

画像加工

JTrimで画像加工を試して遊んでいますが、肝心の写真とセンスが?ですね。...

金刀比羅宮・襖絵

上野で開かれている「金刀比羅宮 書院の美」を見にいってきました。知りませんでした。「こんぴら船々・・・・」でおなじみの金比羅さんの正式名は 金刀比羅宮(ことひらぐう)であることも、信仰の社にして文化の社でもあって、重要文化財14件を含め、文化財を6000点も有していることも。今回は重要文化財の襖絵を、書院空間ごと再現して見せてくれます。丸山応挙の「虎の間」         ...

レ・ミゼラブル

数ヶ月前に、友が頑張ってとってくれたチケット。待ちに待った今日は観劇の日です。銀座ISHIDAでランチ、いつもながらの美味しさです。友のテリーヌ、私のカルパッチョ、共にとてもGood!でした。                     お店のホームページの画像です。 http://www.r-ishida.com/さて、「レ・ミゼラブル」シンプルな舞台セット(砦は迫力ありました)、決してドラマティックではないメロディーライン。それが不条...

ベランダの花たち

梅雨明けが待たれますが、もう少しでしょうか。こんな雨空でも、小さなベランダで花を咲かせてくれている花たちに感謝です。トレニア、アンブリッジ・ローズ、ジャスミン、ポーチュラカ、ハイビスカスなどです。この春、クリスマスローズの種をとり、プランターに蒔きました。楽しみにしていたら、プランターいっぱいに育ったのは、ポーチュラカでした。去年自然に落ちた種からのもののようですが、クリスマスローズは結局発芽しま...

愛犬クリス

この時期になると、いつも思い出します。クリスのこと。あれから、5年。犬種はキャバリア・キングチャールズ・スパニエル なが~い名前です。思春期の娘が精神的につらかった時に、いちばんの慰めだったといいます。本当に癒しの存在でした。ティッシュが好きで、“あんこ”に目が無い、躾に難ありのクリスでしたが、目の表情が豊かで、喜んだり、悲しんだり手に取るように分かりました。今日は、涼しいですが、7月の...

等々力渓谷

大井町線等々力にあるとは思えない、ここは別世界の静けさです。郊外の昼なお薄暗い森のなかで、せせらぎを聞いているような気分になります。駅近くのゴルフ橋わきの螺旋階段を下りると、あふれる緑のまっただなかです。緑一色にゴルフ橋の赤がひときわ鮮やかです。樹林の梢を見上げると、空がはるか遠くに感じられます。谷沢川の流れにそって、等々力不動尊まで森林浴をしました。不動尊に上る階段脇に、緋毛氈のお休み処がありま...

水の都 ヴェネチア

雨にちなんで、水の都ヴェネチア魅力的な街です。いろいろな映画の舞台になっていますね。当時のその風情を、今もなおとどめています。まず、「旅情」キャサリーン・ヘップバーンサンマルコ広場のカフェで佇んでいる姿 思い出しますね。それから、「鳩の翼」ちょっと暗い映画でした。有名なところでは、「ベニスの商人」 そして「ヴェニスに死す」 タジオ役のビヨルン・アンドレセン こんなに妖しい美少年...

台風接近

台風接近の昨日、出先からの帰り途、多摩川は暗く沈んでました。 帰宅すると、雨の中けなげにアンブリッジ・ローズが雨粒をいっぱいつけながら、今シーズン2度目の花を咲かせていました。 東京は直撃をまぬがれて、ホッとしました。...

マルチェロ・マストロヤンニ

少し前になりますが、東急本店へ出掛けた折にル・シネマで「マルチェロ・マストロヤンニ 甘い追憶」を見ました。多くの女性を愛したことで知られていますが、女性のみならず、実に多くの人々に愛された俳優だったのですね。「ひまわり」では、ソフィア・ローレンの存在感が強すぎて、マストロヤンニの印象が薄れてしまいましたが、丹精な顔立ちに、冷たさは感じられず、どこか人懐っこい瞳が魅力的でした。 この作品には、いろい...

キラキラ

RARAさんから教わった、Blingee やっと成功しました。ヴェネチアの写真に キラキラ を付けてみました。付け方に難ありですけど、英語と格闘して成功しただけで今日は満足です。1つ新しいことが出来ると、本当に楽しくなる私は単純です。RARAさん、ありがとうございました。http://blingee.com/...

志村ふくみ さん

今年の2月「日曜美術館」で初めて志村ふくみさんを知りました。平成2年に重要無形文化財(人間国宝)となられた染織作家で、エッセイも数多く書かれています。                                            大仏次郎賞を受賞した・・・・「一色一生」 日本エッセイイスト・クラブ賞を受賞した・・・「語りかける花」など。一つの道を究めた人は、だれもが哲学者のよ...

倉嶋 厚さん

雨でうっとうしいですね。こんな時に思い出す人がいます。 NHKのお天気キャスターだった、倉嶋 厚 さん。この方の、季節のお話が大好きでした。随分前のことで、正確ではないかもしれませんが、記憶に残っているトークがあります。 「南から桜前線が北上しています。北からはアジサイ前線が南下してきて、 ちょうどこのあたりで出会います。」 このあたりとはどのあたりだったのかは、もう忘れてしまいましたが、双方のお花が同時...

キャナル・カフェ

新宿の用事が午前中に終わったので、寄り道をしました。大江戸線で飯田橋へ。 桜の頃2度ほど行ったことのあるキャナル・カフェでランチをしようと思いましたが、定休日でした。あ~ぁ!残念! 今年初め倉本聰のテレビドラマ「拝啓父上様」で主人公の2人、一平とナオミが待ち合わせをしたシーンはここだったような?あの頃、神楽坂には森山良子が歌うこの主題歌(パピエ)が流れていました。 今日はお客のいないボートに、カラス...

うれしいお客様

我が家のちいさなベランダに、今日はうれしいお客様です。  デュランタ・タカラズカ買ったときは30センチ位の低木でしたが、今は私の身の丈ほどに大きくなりました。お花の蜜がおいしいのか、いろいろな来客があります。 今日は あげは蝶 がやってきました。 こちらは デュランタ・バイオレット お花の色合いが少し違います。こちらには大きな蜂が蜜をすっていました。...

ニコライ・トカレフ

たまたまe+の得チケで見つけて、ニコライ・トカレフのコンサートへ行ってきました。都立大跡地に出来た目黒パーシモンホール なかなか綺麗です。23歳の若さで、来日10周年記念というのだから驚きます。しかもご覧の通りのイケメンです。ローゼンブラットの「パガニーニの主題による変奏曲」初めて聴きましたが、胸がドキドキしました。アンコールのラ・カンパネラも感動でした。思わず、CDを購入しサインまでしてもらいました...

ジェットストリーム

遠い地平線が消えて、深々とした夜の闇に心を休めるとき・・・・・・・・・・・・夜の静寂(しじま)のなんと饒舌なことでしょうか・・・・・・・                   東京FMの深夜番組「ジェットストリーム」往年の名調子 城達也 のナレーションが、40周年記念の特別放送で7月3日深夜、懐かしくもラジオから流れました。ジェット機の轟音が徐々に消えていって、テーマ曲「ミスター・ロンリー」が流れます。深...

鈍感力

自分を元気付けたくて、渡辺淳一著「鈍感力」を読んでみました。・・・・・「鈍感、それはまさしく本来の才能を大きく育み、花咲かせる、最大の力です。五感の鋭い人より鈍い人のほうが、より暢んびりとおおらかに、長生きできるのです。」・・・・・確かにそうですね。でも、分かっていてもうまくコントロールできないのが感性ですね。タフでありたいと願いながら、いつもクヨクヨしてしまいます。どうしたらタフでいられるのでしょう?基本...

Menu

カレンダー

06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

プロフィール

 Chris

Author: Chris

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

ブログ内検索

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: