とりとめもなく

流れていく時の一瞬、ちょっと立ち止まってみたくなって・・・

Archive [2007年09月 ] 記事一覧

男鹿和雄展

トトロの森を描いた人。昨日、ジブリの絵職人「男鹿和雄展」へ行ってきました。残す会期があと数日となり、やっと出向くことが出来ました。午前中に、幼稚園の祖父母の会に出席した後、清澄白河の「東京都現代美術館」へかけつけるとなんと入場まで70分待ちでした。列に並んであたりを見渡すと、年齢層は幅広く、平日なのに男性が多いのに驚きました。ジブリの人気の高さを改めて感じました。宮崎駿監督の絵コンテをもとに、素晴ら...

秋を探して・・・

買い物の用があって、二子玉川へ出向きました。屋上の庭園には、秋の花がひっそりと咲いています。秋風が涼しくて、やっと秋を実感できました。歩いて5分、可愛いシャトルバスも出ている、ガーデンアイランド。第一園芸のショップで秋の花をのぞいて、球根を買いました。...

酔芙蓉

梅雨の頃のタチアオイからはじまり、晩夏に咲く芙蓉。アオイ科の花のラストを飾るのが、この酔芙蓉でしょうか?秋を迎える今頃、酔芙蓉が咲きます。我家のベランダでも、見事な花を咲かせて楽しませてくれています。朝 真っ白な花を咲かせ、だんだんとピンク色にそまり、夕方その色を増して紅色になります。この色の変わる様子を、お酒を飲んで酔ったようと名付けられたこの名前。「粋」ですね。翌朝は萎んでしまいますが、翌朝ひ...

Picasa

海の向こうで暮らしている息子夫婦にきれいな風景の写真を送ってほしいと頼みました。こんな切手で写真入りのエアメールが届くのを楽しみにしていました。この切手はいろいろな方のプログで紹介されているサイトから作ったものです。まねをさせて頂きました。http://bighugelabs.com/flickr/frame.phpところが届いたのは、メールでした。写真添付のメールではなく、文面に載っていたのはURLで、気に入った写真をダウンロードして下...

ルチアーノ・パヴァロッティ

ルチアーノ・パヴァロッティがお亡くなりになりましたね。オペラは見たことがありません。ですが、パヴァロッティの歌の素晴らしさには圧倒されます。2006年のトリノ・オリンピックの時には、その声を披露してくれました。荒川静香の金メダルで感動したのが、2006年、去年のことでした。フィギュアのエキジビションには、パヴァロッティの「カルーソ」と「ロミオとジュリエット」の曲も流れて聞きほれました。バヴァロッテ...

わが町のねぶた祭り

9月8日(土)わが町の「ねぶた祭」が行われました。4年前?から突如登場した「ねぶた」ですが、年々参加者が増えて、賑わいをみせています。狭い道すれすれに3台の「ねぶた」が巡行します。子供たちが浴衣姿にたすき掛け、ハネトというらしいですが、「ねぶた」の巡行の後ろに続いて踊っています。故郷のお祭が、ふるさとを持たない人達を慰めにきてくれたかのよう。...

越中おわら風の盆

永年の念願かなって、「おわら風の盆」へ行って来ました。越中八尾はオワラ一色です。なだらかな坂の道に、風情ある町並みが並び、ぼんぼりの灯りがともるといっそう情緒が増します。さほど広くない道に、見物客がいっぱいで、踊りの流しが通る時には、なかなか見ることができないほどの混雑です。唄に三味線、太鼓に胡弓、哀愁漂う音色に、皆静かに聴き入るのは、他にはない静かなお祭りなのかもしれません。装い凝らす浴衣は、町...

Menu

カレンダー

08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

プロフィール

 Chris

Author: Chris

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

ブログ内検索

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: