とりとめもなく

流れていく時の一瞬、ちょっと立ち止まってみたくなって・・・

Entries

ヨセミテ国立公園 8月2~4日

ヨセミテ国立公園へは、サンフランシスコから車で5時間、シリコンバレーからだと5時間半ほどかかります。
フリーウェーをかなりのスピードで走りますので、そうとうな距離になります。
車窓の景色は、果樹園や農地から砂漠のような荒れ地を抜けて、やがて山岳地帯の山道になります。
山火事の跡なのか焼け焦げた木々が目立ちます。

ヨセミテバレー

素晴らしい渓谷美ですね。
「でっかいどう、北海道!」育ちの私ですが、スケールがまるで違ってダイナミック。
氷河が削り取った渓谷だそうで、御影石の絶壁、流れ落ちる滝、草地、巨大な岩の塊、見どころ満載です。

ヨセミテにはいくつかのハイキングコースがありますが、
私達は、初心者向けの「難易度:容易」を選んで歩きました。

午前中はまず「ヨセミテ滝トレイル」です。
広い園内には無料シャトルバスが巡回していて、トレイル入り口までの移動に便利です。
私が利用したバスのドライバーはすべて女性で、誰もが良く通る声で力強い。

yosemitefall1.jpg


午後からは、「ミラー湖」往復3.2キロ 所要時間 1時間
冬から春の季節には、水かさが増して、鏡のような湖面に周囲の切り立った崖が映るそうですが、
今は水が少なくて水たまりを覗きこんで、映り込んだ姿を写しました。
それでもとてもキレイでした。

結構登り坂ですが、自転車の後ろに、子供を乗せたバックカー?(トレーラーというのかな?)を
引っ張って登るお父さんはパワフルです。

mirrorlake.jpg

ヨセミテバレーの主役達

ヨセミテには様々な種類の動物が生息しているそうです。
ミュールジカにはあちらこちらで出会いました。
コバルトブルーの鮮やかな羽をもった鳥、「ステラーカケス」もその辺を歩いています。
飛ぶ姿を見たかったですけど、トコトコとお散歩中。
リスが何かの実をとろうとして直立しているのを見かけました。
この姿勢のまま数歩あるいているのを目にして愉快でした。
そして、望遠(170ミリ)でやっと捉えた熊です。
ヨセミテに住むのはブラックベアだそうですが、茶色をしたのが多いのだそうです。
遊歩道近くの草原を見つめている人達の目線を追うと、走り抜けるクマが・・・
公園のなかをですよ~びっくりですね。
「お腹すかせてないから大丈夫!」と笑って話しているようで、
「お腹すかせているかどうかどうしてわかるの?」と尋ねる私に、息子は笑って「アメリカンジョークだよ」(^_-)-☆

usahasiru3.gif

素敵なアワニーホテルでランチをしました。1927年に完成したアメリカ屈指のリゾートホテルだそうです。
素晴らしい景観が臨めるエレガントなホテルで、宿泊予約を取るのがとても難しい人気ホテルのようです。
高級感溢れるダイニングルームですが、お昼はハンバーガーなどもあって気軽にいただけるようです。
なるほど~サービスは素晴らしかったです。


Ahwahnee-Hotel.jpg

  • [No Tag]

*Trackback

トラックバックURL
http://aikenchris.blog108.fc2.com/tb.php/316-316cc676

Menu

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事

プロフィール

 Chris

Author: Chris

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

ブログ内検索

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: