とりとめもなく

流れていく時の一瞬、ちょっと立ち止まってみたくなって・・・

Entries

善き人のためのソナタ

友人と映画「善き人のためのソナタ」を見てきました。
終盤明らかになる事実・・・感動で涙が流れました。
最近見た中で 最高の映画だと思います。
http://www.yokihito.com/
舞台は ベルリンの壁崩壊5年前の東ドイツ 
体制を維持する為の秘密警察 国家保安省(シュタージ)
劇作家とその恋人の 盗聴 監視を遂行するエリート シュタージが主人公
彼が、盗聴していくうちに、垣間見る人間の温かな交流・愛情・芸術
聞こえてくるソナタの美しさに魂を揺さぶられ涙を流します。
そのソナタのタイトルが「善き人のためのソナタ」
ガブリエル・ヤレドの音楽が切なさをいっそう際立たせます。
次第に窮地に立たされた彼らを守る為、盗聴をあえてサボタージュしながら当たり障りの無い報告に書き換えていきます。
静かに、あくまでも静かに、そしてスリリングに話は流れ、
主人公、そして監視を受けた恋人達の心情に惹きつけられます。

見終わった後 感動はしばらく続きます。
語り合える友と見るべき映画です。

images.jpg

  • [No Tag]

*Comment

ぜひ観たいです 

Chrisさんの感想文をよんだだけでも じーんとくるものがありますもの ぜひ観たいです。
  • posted by rara 
  • URL 
  • 2007.06/22 21:08分 
  • [編集]

NoTitle 

戦場のピアニスト 思い出しました。
  • posted by rara 
  • URL 
  • 2007.06/22 21:15分 
  • [編集]

NoTitle 

いいですよ~。感動深い映画です。
でも、もう恵比寿も今日でおしまい。
あとは高井戸?ですって。
戦争物は苦手でめったに見ないのですが、
これは戦闘シーンがないのです。
「戦場のピアニスト」は迷ったのですが、
結局見ずに、 同名のCDを買いました。
  • posted by Chris 
  • URL 
  • 2007.06/22 23:30分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://aikenchris.blog108.fc2.com/tb.php/5-769bf6f8

Menu

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事

プロフィール

 Chris

Author: Chris

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

ブログ内検索

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: