とりとめもなく

流れていく時の一瞬、ちょっと立ち止まってみたくなって・・・

Entries

そうだ京都、行こう

京都に出かけたいと思っていました。
この季節、特別公開されているものがあって、パソコンでいろいろ調べていました。
すると、インターネットに繋げる度に、私が検索したサイトの広告が表示されて、私を誘うのです。
「そうだ 京都、行こう。」
「そうだ 京都は今だ」
「ほな いこか京都」・・・などと。
「あ、私の好みを知られている!」と思うことがありますね。(´・ω・`)
こうして、私は誘われて、節分の日 超早起き(笑)をして友と新幹線にのったのです。

jukouin.jpg

京都には何度か出かけていますが、大徳寺は訪れたことがありません。(と思います 笑)
なにせ、記憶があやふやなものですから・・・
この大徳寺を舞台に、千利休、狩野永徳、長谷川等伯などが活躍し、
また、千利休切腹の原因となった と言われている三門をみあげて、感慨深いものがありました。

kinkakuji.jpg

この後、バスに乗って 出町柳まで。
豆餅で有名な「ふたば」で、大好きな豆餅を並んで買いました。
コーヒータイムをとってから、バスで京都駅まで。
京都駅で、友のお薦めの 松葉のお弁当を買って、岐路につきました。

京都発 18:18 品川着 20:26
よく歩き、総歩数 23,275歩
楽しい京都日帰り旅行でした。
ご一緒してくれた友に感謝です。

  • [No Tag]

*Comment

冬の京都いいですね 

ついに目的完遂ですね。
このところは雪もおさまり、冬の京都はいつもより落ち着いたたたずまいで、ゆっくり楽しめたと思います。

大徳寺は50数年前にはじめて夫と訪ねた場所でもあり、また、裏千家の菩提寺でもあるので、家元で研修を
受けた際に山門の上まで上がらせてもらった思い出深い場所です。
利休様のお墓にもお参りしました。

今回は狩野永徳、松栄の障壁画の特別公開にお出かけになられて本当に良かったですね。

大徳寺の中にはたくさんの塔頭があるので、全部を見るのは
なかなか大変ですが、それぞれいわれのある場所なので何回かに分けていらっしゃるといいと思います。

京都が日帰りで十分楽しめる場所になったのは嬉しいことですね。足が丈夫なうちにまたお出かけください。
私は23275歩なんて、とても歩けないのでお伴できそうにもありません。
  • posted by ピメント 
  • URL 
  • 2017.02/05 09:48分 
  • [編集]

NoTitle 

京都いいな~~!真冬の京都一度しか経験していません
金閣寺に降る雪見たいです。カメラマンが大勢狙っているそうです。
金閣寺に西日が射すのを偶然みました。幻想的で凄い
美しさでした。その時もプロのカメラマンが沢山来ていて
高価なカメラをみんな持っていました。その中に混じって
図々しく撮りましたが、無残な写真でした。
雪の日に日帰りで行くのもいいですねー
一番電車でも7時に乗るのがやっとです。東京は
羨ましい。
  • posted by けい 
  • URL 
  • 2017.02/05 12:40分 
  • [編集]

NoTitle 

わ~、いいな~、大徳寺の特別展・・・・
永徳、松栄の障壁画、ついに鑑賞かないましたね。
等伯の松林図もご覧になったばかり、山本兼一の
「花鳥の夢」が蘇ったのではありませんか。
そういえば、京都、日帰りで歩いたことがありましたね。
あの時より歩かれたような・・・・?
冬の金閣寺、晴れた空から雪がはらはら舞い落ちてきて
きらきら輝いていたのを思い出します。
でも、底冷えして歯がカチカチしたけれど・・・・
そんなに寒くもなかったようでよかったですね。
そうだ、京都、本当にそうなのですね。
その気になればふらっと日帰りで行ってこられるのですよね。
私の場合は早起きがチト苦痛ではありますけどね。
  • posted by すいれん 
  • URL 
  • 2017.02/05 20:42分 
  • [編集]

楽しまれましたね~ 

クリスさん~

日帰りでも十分、京都満喫できましたね。\(^o^)/
関西に10年いましたので京都も何回か行ったことがありますが、ほんと ピカピカの金閣寺ですね。(@_@。
北野天満宮はよく市が開かれ出かけた記憶があります~
当時と変わっているところも変わらずにいる場所も・・・また京都、行きたくなりました。
テレビでも紹介された豆大福は、さぞさぞほっぺが何回も落ちたのではありませんか~
素晴らしい旅にバンザイ~~~
  • posted by Dai 
  • URL 
  • 2017.02/05 20:55分 
  • [編集]

ピメントさん♪ 

朝寝坊の私が、目覚ましが鳴る前の朝4時に目を覚ましました。
朝の新幹線はビジネスマンだらけ。
富士山だといって喜び、おしゃべり三昧のおばはんたちは、
きっとうるさいな~と思われていたでしょうね。
大徳寺は、観光客がほとんどいなくて静かな佇まいで落ち着いてみることができました。
念願の襖絵もみられ、思い切って出かけてよかったです。
山門の天井には長谷川等伯の龍図があるのでしょう。
ご覧になりましたか?いいな~。
一般公開することって、あるのでしょうか。
いろいろ愉快なお話もあるのよ。それはこんどお会いした時に。(^_-)-☆
  • posted by クリス 
  • URL 
  • 2017.02/05 21:25分 
  • [編集]

けいさん~♪ 

私、けいさんを見習って(笑)京都に行こうと思いました。
いつも計画倒れに終わるけれど、今回こそはぜひ行こうと。
お天気に恵まれましたが、時雨でしょうか?一瞬ポツリときました。
金閣寺は、すごい人で、日本語が聞かれませんでした。
今まで何回か見たことがありましたが、こんなピカピカした金閣寺は初めてです。
雪が降った時の情景は、それはきれいでしょうね。
Sさんもきっと雪の京都を撮りたいのではないかしらね。
途中、車窓から雪景色が見えました。
友のお話では、関ケ原のあたりだと。
雪と聞くだけで、心が動きます。
  • posted by クリス 
  • URL 
  • 2017.02/05 21:45分 
  • [編集]

すいれんさん♪ 

そうでした。
「花鳥の夢」から興味が広がっていったのでした。
出発点はここ、この本はすいれんさんのご紹介だったのではありませんか?
冒頭の「緋連雀」のお話しにまず惹きつけられて、
実際にいる鳥なのか?どんな鳥なのか?調べることから始まったように思います。
松栄・永徳の世界が目の前にありました。
京都は寒いと聞いていましたので、暖かくして出かけましたが、ちょっと意表をつかれました。
そう、紅葉の頃京都ご一緒したことがありました。
あの時もけっこう歩きましたから、同じくらいかもしれませんね。
あの景観のなかだと、歩けてしまうものかもしれません。
  • posted by クリス 
  • URL 
  • 2017.02/05 23:08分 
  • [編集]

Daiさん~♪ 

私は、千里ニュータウン近くの桃山台に3年間、
Daiさんは、豊中にいらしたとお聞きしたことありましたね。
あの頃の金閣寺は、こんなピカピカじゃなかったですよね。
お互い、いつのころだったかな?
若い時に行った京都と、今訪れる京都は同じでも違った風に見えるような?
感じ方が違うのでしょうね。
あのふたばの豆餅大好きなのですよ。
豆大福なのに豆餅というのよね。
本日中に食べて下さいと言われるけど、翌日はまだ大丈夫。
月曜日までは持たないので、駒場にもっていけない。
あしからず・・・( ;∀;)
  • posted by クリス 
  • URL 
  • 2017.02/05 23:21分 
  • [編集]

ありがとう~~! 

思いがけない冬の京都、ご一緒できてうれしかったわ(^_-)-☆
良く歩きましたよね~! 歩いたのもまたうれし!

「花鳥の夢」を読ませてもらってあって、よりひきつけられる障壁画でした。
おさるの親子の顔も印象的(笑)  真の絵もまた違った意味で印象的でした。

また、素敵な企画あったら、いつでもお声かけてくださいませ(笑)(^^♪
  • posted by はっちゃん 
  • URL 
  • 2017.02/06 19:37分 
  • [編集]

はっちゃ~~ん♪ 

お天気に恵まれて、充実の一日でしたね。
ほんとうによく歩きましたね。
京都のバスは、京ことばのようにゆっくりね。
英語のアナウンスまで、京風で愉快だったわ。
だから、歩くのはとても効果的。(*^-^*)

おさるさんの表情、複雑なお顔が意味深でしたね。
いつもはデジタル画像のレプリカの襖絵だそうですが、
パンフの写真はそうなのかしら?
実物を見られて、嬉しかったです。
  • posted by クリス 
  • URL 
  • 2017.02/06 21:38分 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。

*Trackback

トラックバックURL
http://aikenchris.blog108.fc2.com/tb.php/529-4d974429

Menu

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

プロフィール

 Chris

Author: Chris

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

ブログ内検索

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: