とりとめもなく

流れていく時の一瞬、ちょっと立ち止まってみたくなって・・・

Entries

4月のお花見 あれこれ2

覚書として…
gyoen413.jpg


gyoen2_1.jpg


meguro0415.jpg

あきる野 龍珠院 4月16日

「あきる野にある龍珠院は、お花の山でした。 お友達と行ってらしてください。」
Sさんからお知らせいただいたのが、土曜日のことでした。
月曜日からお天気が崩れると報じられていたのを聞いた夫が、
日曜日に神代植物公園にでも行こうか!とつぶやきました。
絶好のチャンス、あきる野に素敵な花の寺があるそうだから、そこに行ってみましょうと、交渉成立 (=゚ω゚)ノ
春爛漫の華やかさ! 素晴らしいお花見となりました。

龍珠院

お寺のすぐ近くの「乙訓」で焼きたてのお焼きをほおばって、五日市の名産という「のらぼう」を購入。
「かき菜」に似ているけれど、別物だという。

kurojaya2.jpg


お知らせ下さった S さんに感謝です。

千鳥ヶ淵~東御苑

4月6日 晴天
早起きの連れ合いは、朝食前に いつも近くの公園までウォーキングをしています。
それならば・・・私も早起きをして…千鳥ヶ淵まで朝散歩しましょうかと…。

chidorigafuchi_2017041423384859c.jpg

4月12日 ミッドタウンの桜 (iPhoneカメラ)
midtown_20170417104612139.jpg

4月のお花見 あれこれ

4月3日 四ツ谷 真田堤

sanadabori1.jpg

江戸城の外濠、真田濠は戦災の瓦礫で埋め立てられ、今は上智大学のグランドになっていて、
真田濠とその南の弁慶濠を隔てているのが、食違(くいちがい)見附だそうです。
今読んでいる本「東京地形散歩」・・・より


4月4日 駒場でシダレザクラとソメイヨシノ

komaba.jpg

4月5日 目黒川
megurogawa_20170415213319db3.jpg

府中 東郷寺の枝垂桜

開花宣言が出されてから、もう10日ほどたつのでしょうか。
ソメイヨシノは咲き始めてはいますが、ゆっくりと様子見をしているようです。
3月30日は、晴天の暖かな一日でした。
府中、多磨霊園駅から歩いて5分ほどにある、東郷寺の枝垂桜がきっと咲いていると、
友人が案内してくれました。
荘厳な山門を背景に、数本の枝垂桜が咲く情景に、「うわぁ~きれい!」と歓声をあげました。
満開の素晴らしい枝垂桜を堪能することができました。
ご案内のSさんに感謝!

tougouji.jpg

余韻がさめぬまま(笑)、府中市美術館で「歌川国芳 21世紀の絵画力」を見てきました。
凄味、笑い、風刺…ほとばしるパワーを感じました。
そのなかに、なぜか静かな丸山応挙の「鯉図」と長澤芦雪の「登竜門図」があったのにふと目が惹かれました。(笑)

翌31日は、義妹と新宿御苑に出かけてきました。
ソメイヨシノの前に咲く、シダレザクラ、陽光(ヨウコウ)が今盛り、白色の大輪オオシマザクラが咲き始めていました。
まだピークではないかと思いましたが、かなりの人出で、もう手荷物検査が行われていました。
桜を眺めながら、ウォーキングが目的でしたから、写真はスマートフォンのカメラで数枚だけ。
この日の歩数計は18300歩ですから、新宿御苑内はいかに広いかということなのでしょうか。

御苑

さあ~いよいよソメイヨシノですね~。

高尾梅郷散策 16日



同い年の義妹(笑)とは、同じく花が好きなウォーキングメイトです。
最近は会うたびに、「歩きましょう!」と言い合っています。
最近、東京都のお知らせのなかに、高尾梅郷の梅まつりの記事と写真がのっていました。
以前、二人で高尾山に登ったことがありましたが、今回はお山ではありません。
前日の寒さはどこへ行ったやら、素晴らしい散策日和となりました。
リュックの中は、お弁当、コーヒーセット、おやつにデザート、完璧です。(笑)

高尾梅郷1

コースは、遊歩道梅林から、小仏関所跡、高尾天満宮でお参りをし、天神梅林、高尾梅の郷・まちの広場をぬけて、
摺差(するさし)でお休み処を見つけ、ランチタイム。
景色を眺めながらいただくおにぎりの美味しいこと。
いちばん奥まったところにある木下沢(こげさわ)梅林まで、もうひと頑張り。
小山ひとつ梅に覆われた(笑)梅園にたどり着いたころには、青空が消えてしまったのは残念ですが、
梅林の素晴らしいこと、苔むした木肌の趣があること、素晴らしいね~と喜び合いました。

木下沢梅林

疲れたら帰りはバスを利用しようかと思いましたが、大丈夫そうなので、路傍の花を眺めながら駅まで歩きました。
このコースは片道95分と書いてありますが、実際はどうかしら?
私のカウントでは、この日の総歩数 21241歩ですから、片道1時間ちょっとではないかと。 
それほど歩いた気がしないのは、楽しいからですね~。
木下沢梅林の開放日は26日までです。
バスをご利用の方は、高尾駅北口からですよ。

春の足音がきこえるような・・・19日



sinjukugyoen_kanzakura2.jpg

辛うじて撮れたメジロですが、色合いがくすんでしまって・・・
mwjiro1_20170223202424ef3.jpg


茶室 楽羽亭前の白梅を撮ってみたら、梅がぼやけて、これ雪景色に見えませんか?
hakubai.jpg


3l_clg.gif

やり方を確認したくて、FC2動画投稿ツールからの投稿テストです。スキップしてください。
右上の「高画質を視聴」は押さないでくださいね。


そうだ京都、行こう

京都に出かけたいと思っていました。
この季節、特別公開されているものがあって、パソコンでいろいろ調べていました。
すると、インターネットに繋げる度に、私が検索したサイトの広告が表示されて、私を誘うのです。
「そうだ 京都、行こう。」
「そうだ 京都は今だ」
「ほな いこか京都」・・・などと。
「あ、私の好みを知られている!」と思うことがありますね。(´・ω・`)
こうして、私は誘われて、節分の日 超早起き(笑)をして友と新幹線にのったのです。

jukouin.jpg

京都には何度か出かけていますが、大徳寺は訪れたことがありません。(と思います 笑)
なにせ、記憶があやふやなものですから・・・
この大徳寺を舞台に、千利休、狩野永徳、長谷川等伯などが活躍し、
また、千利休切腹の原因となった と言われている三門をみあげて、感慨深いものがありました。

kinkakuji.jpg

この後、バスに乗って 出町柳まで。
豆餅で有名な「ふたば」で、大好きな豆餅を並んで買いました。
コーヒータイムをとってから、バスで京都駅まで。
京都駅で、友のお薦めの 松葉のお弁当を買って、岐路につきました。

京都発 18:18 品川着 20:26
よく歩き、総歩数 23,275歩
楽しい京都日帰り旅行でした。
ご一緒してくれた友に感謝です。

2017年が始まって…

博物館に初もうで

一昨年、「等伯」関連の本を数冊読んだことがきっかけで、当時の絵師に興味を持ちました。
以来、まだ私のなかではブームが続いていて、新年に特別公開されるこの屏風絵をもう一度見ようかと
国立博物館へふらりと出かけてきました。
国立博物館は「トーハク」というらしく「トーハクくん」という埴輪のキャラクターもあるらしいのです。
「トーハク」で「等伯(とうはく)」というわけです。(^_-)-☆
70才以上は無料ですのであともう一歩、今年は残念(650円 笑)ですが、、
また来年も「博物館に初もうで」をしてみようかな。(笑)

tohaku.jpg


話は変わりますが・・・
北海道道東に住んでいた小学~中学校時代、わが家の隣がお寺でした。
そこに「お寺のけんちゃん」と呼んで遊んでいた同級生がいました。
中学卒業と同時に、我が家は隣町に引っ越し、私は遠方の女子高へ入学したもので、
それ以来会ったことがありませんが、随分経ってから 同窓会のお知らせをもらったことがきっかけで、
年賀状のやりとりをしています。
今や住職さま(笑)の彼から、2年前の年末、ご家族の訃報のお知らせをもらいました。
それには、「新年のご挨拶は失礼させていただきますが、年賀状の全くないお正月はさみしいので、皆様からの年賀状はいつものように心待ちにしております」と記されていました。
微笑ましい彼の人柄が滲んでみえました。
出しましたよ。カラフルな年賀状を。

昨年12月初めに、私はごく普通の喪中ハガキを彼に送りましたが、
年賀状のない寂しい元日に、彼からの温かい励ましの賀状が届きました。
あ~きっといい住職さんになったんだな~と懐かしく思いました。
亡くなったのは義母ですが、彼がよく知っている私の母と勘違いしてるようでしたが・・・(*^^*)
やはりお年賀状のない元日はさみしいものですね~。

これからも、ゆっくりですが、とりとめなく このブログを続けていこうと思います。
今年も よろしくお願いいたします。

今年1年、ありがとうございました。

まもなく、2016年が過ぎていきますね。

sazanka.jpg

今年は、うれしいこともありましたが、辛く悲しいことも多くありました。
ついつい考え事をして、眠れない夜が続いたこともありました。
もともと体は頑丈にできているようで、激やせすることがなかったことが、
果たして 幸せだったのか?不幸せだったのか?(笑)

最近うれしいことに…
電動アシスト自転車が、突如舞い込んだのです。
まだまだ普通の自転車で大丈夫!電動は要らない~と言い張っていた私でしたが・・・
試し乗りをして、その威力に驚きました。
我が家の近くには、若い時でも登り切れない急坂があります。
そこは自転車を押して登りますから、不便は感じていませんでしたが、
何ら苦労なくスイスイと登れるではありませんか。
子育て中にこんな自転車があったら、どんなに楽だったことでしょう。
前と後ろに子供を乗せて自転車をこいでいた頃を思い出します。
後ろかごを取り付けに、いつもの自転車屋さんに行ったら、
「筋力がてきめんに衰えるから、普通の自転車にも乗ってね」と言われました。(^^♪

10月に義母を見送りました。93歳でした。
2017年のお正月は静かに過ごします。
少しゆっくりしてから、動き出しますので、
たまにしか更新しないブログですが、
新しい年も、よろしくお願いいたします。

皆さまにとって、良い年でありますようお祈りいたします。

Menu

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事

プロフィール

 Chris

Author: Chris

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

メール

名前:
メール:
件名:
本文:

全記事表示リンク

Memo

ブログ内検索

RSSフィード

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数: